婚活として結婚相談所を利用してみた体験談

私は以前、日常生活で新しく出会える男性がいないことから、大手の結婚相談所に入会して、本格的に婚活を行っていた時期がありました。確実に独身で、なおかつ、結婚願望が強い男性と知り合える場には、高い入会費と月会費を支払ってでも入るだけの価値があったのです。

その結婚相談所はお互いの希望条件をシステム上でマッチングさせて、それぞれに相手の会員情報を紹介する仕組みでした。そのため、どの男性にアプローチするべきか、相手にとって最初から条件的に対象外ではないかという心配はありませんでした。

さっそく、紹介された男性に次々とアプローチを行ってみたのですが、最初こそ数人ぐらいと出会えましたが、なかなか長続きせず、やがて新規の紹介も減っていき、婚活として行き詰ってしまいました。(´;ω;`)ウゥゥ

お互いの自由意思で会える反面、それだけに気軽に断られることも珍しくなく、どうにも方向性が分からなくなってしまいました。もっとも、確かに独身で自分の希望条件を満たした男性と出会えたので、その点は看板に偽りなしでした。

一番の問題点は、自分にとって新規の男性会員がいなくなってきたことで、さすがにこればかりはどうにもならない事態でした。その時点で約1年間の活動だったため、そういった意味ではもう潮時だったのでしょう。私自身、婚活が上手くいかないことで疲弊していた事情もあったので、会員ページに表示される同じ男性会員の顔ぶれを眺める毎日から脱却して、その結婚相談所から退会しました。

実際に結婚相談所を体験してみた感想としては、真面目な出会いの場として有効であると感じました。ただし、マッチングされた相手で妥協して、それ以上の高望みをしないぐらいの勢いでないと、時間が経つほどに選択肢が減っていくので気をつけなければいけません。

私としては、結婚についての考えを見直す良い機会になったと思っていますし、少なくともあの時に婚活をしていればという後悔だけは避けられました。客観的に自分と釣り合っている男性が具体的にどうなのかが分かったのが、最大の収穫でした。

 

婚活では出会いが多いほうが良い!

結婚をするためには、まず出会うことが大事です。
しかし、その出会いが少ないと、やっぱり無理となってしまいますね。
そのため、多くの出会いを求めることが重要です。
そしてそのことは、待っていても出会うが近づいて来ることはないのです。
そのため、こちらから行くことが大事ですね。
そんな時、出会いの場所として婚活パーティで出会うことができます。
その婚活パーティを利用することをおすすめします。
婚活パーティーの情報は婚活情報を集めたサイトなどに色々と載ってます。
婚活パーティーのメリットについて、まとめてみました。

・多くの異性と出会うことができる
であった時、好みのタイプでないと、やっぱり付き合いたいとその気持ちを持つことができないですね。
そのため、できるだけ多くの異性と出会うことがいいのです。
その点、婚活パーティでは多くの異性と知り合うことができます。
それほど一度に知り合うことができるのは、婚活パーティではないでしょうか。

・年齢が様々
その婚活パーティに参加をしている人は、年齢が様々です。
時々、年を指定している場合もありますが、それがない場合もあります。
そのため、幅広い年齢層の人たちと知り合うことができます。
その時、年下は全体無理と思っていても、いい人が見つかることもあります。
その為、その出会いによって自分の好みの幅も広げることもできます。
それはすごいことですね。

・結婚の話をしやすい
結婚のはなしを突然すると、付き合っている時にびっくりされることがあります。
その点、婚活パーティではそのはなしをしても驚かれることはありません。
そのことについて、意識をしている人が参加をしているので、結婚にちなんだ話をしやすいです。
そのため、無駄な付き合いの時間を短縮することができます。

婚活パーティは、一度参加をしてそのときに決まることもあります。
しかし、決まらないことも多いです。
決まらないことのほうが、確率としては高いのです。
それは、一生の相手を見つけるかも知れないので、冷静に見つけたいですね。
そのため、数回参加をするようにしましょう。

結婚したい男性に送るアドバイス

時代は3高からマッチングへ!

選ばれない男性、不幸な男性が泣く時代は、もう終わりました。

全ての男性が自分自身の魅力に気づいた時から、婚活の成功はもう始まっています。

婚活の成功の答は、外にあるのではなくあなた自身の中にあります。

自分の中に眠っている婚活成功へのカギを3つ、見つけてみましょう^^

 

1.プライベートタイムの趣味はあなた自身の魅力です

休日のプライベートタイム、あなたは何をして過ごしていますか!?
私はピアノを弾く趣味を持っているのですが、ピアノを弾く男性は実にモテます。
ピアノがプロ級に上手ければ、容姿、年収、身長、声、すべてのコンプレックスを全部逆転できるくらいのパワーがあります。
そして趣味の素晴らしいところは、たとえピアノが下手で初心者でも、頑張っている男性は女性からみたら魅力的に見えるのです。
「ピアノなんて無理」と思われる方は、ご自身の趣味を見つめてみてください。
競馬でもパチンコでも、何でもいいのです。
女性にとってその趣味の「魅力」を語れるように、切り口を変えて話をできるようにしてみてください。
例えば、競馬でいくら勝った・負けたという話では女性はドン引きしますが、「馬の美しさ、魅力」について語れるようになるなら、競馬も婚活では有利な趣味となります。
気をつけたいのが無趣味で、休日は家でゴロゴロ寝て何もしないタイプの人です。
「結婚しないで一人で家で寝てれば」と女性に言われてしまいます。
女性は家政婦ではないのです。

 

2.職業で得た専門性は誰から見ても魅力です

職場でミス連発して仕事を怒られてばかりの人も、外の素人から見たらすべて「プロの人」になります。
宅配便のドライバー、時間に間に合わなかったり、荷物に不備があって、時には失敗もあるかと思います。
でも誰でも自分の仕事の一番うまく行っているところにスポットライトを当ててみてください。
毎日毎日、社会に素晴らしい貢献を果たしているのです。
私たちが毎日働くのはお金を得るためですが、同時に職業スキルを高めることができています。
プロの中では当たり前のことでも、たいていの人にとっては尊敬すべき仕事なのです。
今日から自分の仕事を謙遜することをやめて、誇りを持つようにしましょう。
給与の低さはあなたのせいではありません。
日本経済の仕組みからして、ごく一部の人をのぞいて、女性が黙っていても寄ってくるような収入の人はほとんどいないはずです。
胸を張って自分の仕事に誇りを持てば、自然と女性は寄ってきます。
時代は3高でなく、マッチングです。
女性の方も年齢をかさね、苦しい時代です。
男性側の方でも女性の年齢、容姿で相手を選ぶことをやめ、お互い相性の良い人を見つけるようにしましょう。
相手に多くを求めることをやめれば、あなたの前に「運命の人」が現れる日はすぐにやってきます^^。